« 一枚多め | トップページ | 黒い縁取りがありました »

そう簡単には見つからない

マメヅタ
この日は,久し振りの南部山塊。島尻の海岸へ降りた後,ぐるっと林道を回ってきました。知事来訪で刈られてしまった道路脇の草むらも,それなりに回復してきているようで一安心です。でも,草刈りのお陰で見つけることができたものもありました。

この植物はマメヅタ。本州産のものに比べると葉が細長くなっているので,変種のリュウキュウマメヅタとしても良いのかもしれませんが,中間型があるそうなので,ここではマメヅタとしておきます。

林道から沢筋に林の中に分け入ったところに苔むした巨礫があり,そこで見つけらました。渡名喜村史の「珍しい島の植物」に「ヒトツバマメヅタ」が挙げられているので,もしや…と思ったのですが,ネットで検索してみるとどうやら別物。そう簡単には見つかりませんね。

2005/12/17 渡名喜村渡名喜林道

|

« 一枚多め | トップページ | 黒い縁取りがありました »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8016379

この記事へのトラックバック一覧です: そう簡単には見つからない:

« 一枚多め | トップページ | 黒い縁取りがありました »