« 哀れ,ヤマシギ | トップページ | 姫!!熊!?柳?? »

半分くらいは包まれたまま

ハマゴウの果実
大寒を迎えて,県内も寒い日が続いています。といっても最高気温は20℃近くになるのですが。野山の木々や草花にも,冬枯れして茶色っぽくなっているのが目立つ季節です。

写真はハマゴウの果実。以前紹介した7月には,淡い青紫の花をたくさん咲かせていました。ご覧のように熟すと黒くなるのですが,その果実が萼の変化したもので包まれているのが特徴なのだそうです。これを「宿存萼」というそうです。色合いに季節が感じられます。

2006/01/09 渡名喜村ユブク浜

|

« 哀れ,ヤマシギ | トップページ | 姫!!熊!?柳?? »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8334709

この記事へのトラックバック一覧です: 半分くらいは包まれたまま:

« 哀れ,ヤマシギ | トップページ | 姫!!熊!?柳?? »