« 後ろ向きでもいい | トップページ | 半分くらいは包まれたまま »

哀れ,ヤマシギ

ヤマシギ
「鳥が死んでたよ」という知らせに駆けつけてみると,中型の鳥が地面に横たわっていました。茶褐色の体に長い嘴。以前撮影したタシギかと思いましたが,それよりも赤っぽく見えます。図鑑で調べてみるとこれはヤマシギ。頭の縞が横縞であること,腹部にも横縞があること,嘴がやや短いことが識別点になるようです。

それにしても,どうして死んでしまったのでしょう。ここは小学校跡地で,現在は広い公園。近くにトイレがありますが,ガラスなどはありません。特に外傷は見あたらないのですが,お尻が糞で汚れています。この後,穴を掘って埋めてあげました。

2006/01/23 渡名喜村西底原

|

« 後ろ向きでもいい | トップページ | 半分くらいは包まれたまま »

04_鳥」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8315791

この記事へのトラックバック一覧です: 哀れ,ヤマシギ:

« 後ろ向きでもいい | トップページ | 半分くらいは包まれたまま »