« そう簡単には見つからない | トップページ | 財布の形は三角形 »

黒い縁取りがありました

ホシササキリ 渡名喜島の草むらを歩いていると,足元から突然飛び出して人を驚かせるものがあります。大抵は巨大なバッタ,タイワンツチイナゴなのですが,このときは違っていました。

突き出た頭部に長い触角。そしてかなり小振りの体。ウマオイやキリギリスの仲間だろうと予想が立ちます。それにしても,この時期,いくら暖かい沖縄でも夜の気温は15℃以下が続きます。成虫で活動しているんですね。

この虫はホシササキリ。よく似たオナガササキリやササキリとは,前翅の縁に黒い斑紋が並んでいること,「膝関節」が黒くならないことなどで区別できるそうです。もっとも,この時期に成虫が見られるのはホシササキリだけなのですが。


2006/01/04 渡名喜村ヘート-ンダ(風力発電施設)

|

« そう簡単には見つからない | トップページ | 財布の形は三角形 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8035496

この記事へのトラックバック一覧です: 黒い縁取りがありました:

« そう簡単には見つからない | トップページ | 財布の形は三角形 »