« 情報が足りない! | トップページ | 11周年 »

相手の方が一枚上手

ミサゴ
渡名喜島のいいところは,カメラを持ってウロウロしていると,被写体の方からやって来てくれること。この日も気軽に野外へ出て,あちこち歩いてみたのです。ウーチュガーへ行った帰りに,脇道に入ってみると,意外にきちんと整備されています。そこで,どこまで行けるものかと進んでみました。

午後4時を過ぎていたので,ずいぶん日が傾き,涼しくなってきていたのですが,何かいないかと抜き足差し足,鵜の目鷹の目でいたのです。けれども,やっぱり先に気付かれてしまいました。

小さな尾根に差し掛かったところで,向こう側から飛び出してきたのが写真の鳥。立ち枯れたモクマオウに止まっていたようです。慌ててレンズを向けたのですが,一枚撮影するのがやっとでした。それをトリミング,レタッチしたものです。

白い体に特徴的な眼過線。首まわりにも褐色の帯があります。大きさも考えに入れて,ミサゴと同定しました。魚食性の鷲ですから,足に捕まえているのも魚だろうと考えられます。何の仲間かは判りませんが。以前紹介したノスリとサシバを加えて,この冬は3種の猛禽が島で冬を越すようです。

2006/01/04 渡名喜村サキジャ(北部山塊西岸)

|

« 情報が足りない! | トップページ | 11周年 »

04_鳥」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8249572

この記事へのトラックバック一覧です: 相手の方が一枚上手:

» ハラまで 白い [SeaStar's Photolog]
年末恒例,年賀状のための写真撮影。来年の干支を考えて,迷わず動物園のトラに決定。ということでやって来た,こどもの国。当然のことですが,何か被写体はないかとキョロ [続きを読む]

受信: 2009.12.23 23:38

« 情報が足りない! | トップページ | 11周年 »