« 姫!!熊!?柳?? | トップページ | 実は隠されていた »

冬なのに(だから)実りの季節

ホソバムクイヌビワの果実
撮影のために出掛ける場所はそれほど違わないのに,今年の冬は草木の実によく気付きます。この一枚も,林道を移動中に赤いモノが眼に飛び込んできたので,慌てて車を止めて撮影したのです。

これは,ホソバムクイヌビワの果実。左上に写っている未熟な実はイチジクそっくりです。属名がFicus となっていますから,ガジュマルやオオイタビと同じ仲間なのですね。

この木が生えていたのは,林道でも島の西側,ユブク浜へ降りていく沢筋沿い。島の東側,島尻毛へ登る辺りの風衝地とは全く違った光景です。

2005/12/17 渡名喜村渡名喜林道

|

« 姫!!熊!?柳?? | トップページ | 実は隠されていた »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/8366054

この記事へのトラックバック一覧です: 冬なのに(だから)実りの季節:

» あれっ!頭が無い! [SeaStar's Photolog]
と思わせるような姿です。林道脇のホソバムクイヌビワを観察していたときのこと。葉の上に白っぽい蛾が止まっていました。その左右の前翅の縁が一直線になっていて,まる [続きを読む]

受信: 2006.02.10 19:35

« 姫!!熊!?柳?? | トップページ | 実は隠されていた »