« 偽・騙し・擬 | トップページ | よく見れば特徴的 »

教科書にも載っている

ヤドカリとイソギンチャク
またまた,行ってきました夜の海。前回より2週間経っていますから,今度は満月の時期です。新月期に比べてあまり引かないし,季節風も強く曇天と,条件はあまりよくなかったのですが,アップする写真が尽きていたので...。

始めは東海岸の砂泥底,海草帯で夜間活動する動物を探しに行ったのですが,こちらは空振り。まるで砂漠のように生き物の姿が見られません(植物を含めて)。

そこで,岩礁の動物を求めて,西海岸のタカタ浜へ。既に,この日の最干潮を過ぎていたので,礁縁まで行くようなことはしなかった(できなかった)のですが,後方礁原から礁池のあたりをウロウロとしてみました。

あまり撮影したくなるような対象には出会わなかったのですが,陸寄りの潮溜まりで撮った一枚です。ヤドカリの殻に付いたイソギンチャク。とっても有名な共生の一例です。でも,忘れちゃいけないのが殻を作った貝の存在。貝がいなくちゃヤドカリは住めない。ヤドカリがいなくちゃイソギンチャクも生活できない。そんな関係を「住み込み連鎖」と呼んでいます。こちらも生態学上の重要な概念(になりそう)です。

2005/11/18 渡名喜村タカタ浜(ヘーワダ地先)

|

« 偽・騙し・擬 | トップページ | よく見れば特徴的 »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/7179534

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書にも載っている:

« 偽・騙し・擬 | トップページ | よく見れば特徴的 »