« 飛んで火に入る と思ったら... | トップページ | くだを巻いているわけじゃない »

にび色の空のもと

アオタテハモドキのオス 寒気の南下に伴って,前線が接近していた本島周辺。夜の間は,かなり激しく降っていました。一夜明けて,雨は上がったのですが,すっきりしない曇天です。それでも,わずかな晴れ間にチョウたちが飛び交っていました。見慣れたシロオビアゲハに混じって,一際青く輝く小さなチョウがいました。

てっきりシジミチョウの仲間かと思ったのですが,調べてみるとアオタテハモドキのオスでした。以前紹介した玉城村産オスに比べると,一層青みが強いようです。メスが観察できたのは夏なのですが,果たして渡名喜島でも繁殖しているのでしょうか?


2005/11/10 渡名喜村西底原

|

« 飛んで火に入る と思ったら... | トップページ | くだを巻いているわけじゃない »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/7035602

この記事へのトラックバック一覧です: にび色の空のもと:

» 本当は こんなに青い [SeaStar's Photolog]
こちらの施設は,元々米軍のミサイル基地だったそうで,その発射台跡は大変見晴らしのよい展望台になっています。雨の合間を縫って,午後から出掛けてみると,キレイに刈 [続きを読む]

受信: 2006.06.09 16:36

« 飛んで火に入る と思ったら... | トップページ | くだを巻いているわけじゃない »