« 柴差し | トップページ | 島に無いもの »

胚発生が先

シマグワの果実 通勤途中にあるシマグワの木。台風のたびに実を落としてしまい,なかなかキレイに色付いたところを撮影できずにいました。けれども,今年は台風の直撃が少なくて,たわわに実ったところをカメラに収めることができました。もっとも,この木に限らなければ,年中花を咲かせているので,よく探せばいつでも撮影できたのかもしれません。また,島の子供たちは「イチビ」と呼んで,よく食べていました。それで熟した果実を見る機会が少なかった,ということもあるかもしれません。
沖縄にやって来て,初めて目にした桑の実。「桑実胚」という言葉を知ってから,20年近くが経っていました。

2005/09/14 渡名喜村西底原

|

« 柴差し | トップページ | 島に無いもの »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/6246854

この記事へのトラックバック一覧です: 胚発生が先:

« 柴差し | トップページ | 島に無いもの »