« 不思議なポーズ | トップページ | ひと回り小さい »

ひと回り大きい

フタイロウリハムシ
学校の花壇には,色とりどりの花のほかに何種類か野菜が植えられています。それは,もちろん学習のためであるのですが,わたしたちの生活を豊かにしてくれる,という面も少なからずあるのです。

そんな大切なニガウリの葉が穴だらけになっています。近付くと赤い虫が飛び立っていきました。とまったところをよく見ると,これはハムシの仲間。ウリハムシにソックリな色と形ですが,ひと回り大きな体をしています。黒い斑紋もあります。
この虫はフタイロウリハムシ。種小名はbicolor。って,そのまんまですね。本土にも分布するウリハムシと違って奄美以南に限られる南方系の虫なんですね。ウリ類の主要な害虫であることは変わりませんけれど。

2005/08/03 渡名喜小中学校

|

« 不思議なポーズ | トップページ | ひと回り小さい »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5750304

この記事へのトラックバック一覧です: ひと回り大きい:

» 俺を踏み台にしたぁ!? [SeaStar's Photolog]
まぁ,そんな世代なんです。 その詳細は,こちらやこちらを参照していただくとして,写っている生物は,これまでにも紹介したもの。いわゆる普通種で,状況が面白かった, [続きを読む]

受信: 2008.06.11 20:14

« 不思議なポーズ | トップページ | ひと回り小さい »