« ひと回り小さい | トップページ | 見つめる目…というより,睨んでる »

こちらは間借り人

ミナミノアカイソウロウグモ これまでにもサンコウチョウオキナワハツカネズミを観察したこの場所は,林道が山の際まで迫っていて,ガジュマルやリュウキュウマツが辺りを暗く覆っています。そんな木陰で見つけたのが,オオジョロウグモの巣。で,すぐに撮影となるのですが,狙った対照は巣の主ではありません。オスを撮影しようと思ったのです。

それらしき小さな赤いクモを発見して撮影したのですが,これがとても大変でした。光量が足りない上に,風でクモの巣が揺れてしまい,なかなかピントの合ったショットが得られません。腹側からですが,まぁまぁのものがこの1枚です。


図鑑で調べてみると,思っていたオオジョロウグモのオスではありませんでした。ミナミノアカイソウロウグモ(のメス)のようです。名前の通りほかのクモ(特にオオジョロウグモ)の巣に居候して暮らしているんだそうです。

2005/08/02 渡名喜村渡名喜林道南西側

|

« ひと回り小さい | トップページ | 見つめる目…というより,睨んでる »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5765099

この記事へのトラックバック一覧です: こちらは間借り人:

» 仁丹よりは 大きいけれど [SeaStar's Photolog]
なかなか野外へ出る時間がとれない日が続いています。それでも集落内でいろいろな生物を見られるのがこの島のいいところ。この日は,チブサトゲグモの色彩変異を集めよう [続きを読む]

受信: 2006.07.17 14:09

» 風と光で,牙 見える [SeaStar's Photolog]
この時期,県内各地の原野でよく見られる大きな蜘蛛の巣。その主はオオジョロウグモであることが多いのですが,オモシロイのはその巣に同居している小さな蜘蛛たち。 この [続きを読む]

受信: 2009.09.05 17:01

« ひと回り小さい | トップページ | 見つめる目…というより,睨んでる »