« 木星みたいな | トップページ | ひと回り大きい »

不思議なポーズ

キマエコノハの幼虫 夕方とはいっても,まだ陽の高い7月の7時前。植え込みの藪の中で,妙なものを見つけました。一方の端には,赤白の縁取りのある大きな黒目玉。反対側は首を持ち上げた蛇のようです。

落ち着いてよくみれば,イモムシがポーズをとっているところでした。図鑑で調べてみると,このポーズが特徴のアケビコノハの幼虫。それにしても,捕食者に対して威嚇の効果なんてあるんでしょうか?


2005/07/13 渡名喜村集落内の植えます

誤同定に気付きました。
眼状紋の白色部が細くて赤が混ざっています。これは,キマエコノハEudocima salaminiaの特徴です。
2006/08/29 追記

|

« 木星みたいな | トップページ | ひと回り大きい »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5737316

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なポーズ:

» 親の姿も見られました [SeaStar's Photolog]
もうすぐ日付も変わろうかという時間帯,この日は月齢も5ほどで,暗夜といった状況です。けれども,集落内の主な道は,きちんと照明が整備されているので,歩くのに困る [続きを読む]

受信: 2006.09.04 20:59

« 木星みたいな | トップページ | ひと回り大きい »