« 竜巻発生!? | トップページ | アメダス以前 »

光の加減

0921_amachichi-porphyrite01 野外で撮影しているときに,難しいのが光の加減。シャッターチャンス!と思っても,逆光では被写体がハッキリとしませんし。

この崖も,そんな場所。前から岩脈が貫入していることはわかっていたのですが,南向きになっているので,日中は光が上から当たって,いいカンジに写せなかったのです。そして,夕方になると陰になって,凹凸のようすがわからなくなってしまうのです。
それが,夜明け前後にウロウロするうちに,ズバリ!という瞬間に出会いました。朝焼けからの光が柔らかく当たって,表面の質感もよく写せたと思います。


石灰岩の中を斜めに横切るのはひん岩の岩脈。渡名喜島が火山活動の影響を受けていることを改めて感じさせる風景です。

2005/09/19 渡名喜村アマチチ(南東海岸)

|

« 竜巻発生!? | トップページ | アメダス以前 »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/6049038

この記事へのトラックバック一覧です: 光の加減:

« 竜巻発生!? | トップページ | アメダス以前 »