« 子供の頃に 会いたかった | トップページ | 秋の気配を感じさせる »

粉を被って一人前

コフキヒメイトトンボ
夏の夕方,お馴染みのウーチュガーへ登ってみました。水田に集まる昆虫や稲のようすを見に行ったのです。すると,足元から,ふわっと浮き上がるように飛び立つ小さなトンボに気づきました。でも,高く飛ばず,すぐに草むらの中に隠れてしまいます。しつこく追い掛け回して,ようやく撮った一枚です。

このトンボは,コフキヒメイトトンボ。成熟すると粉を噴く小さなトンボ,ということで名付けられたそうです。本当に小さくて,体長が2cm以下しかありません。写真の個体は,腹端が朱橙黄色で肝心の白い粉が付いていないので,未成熟な雄個体だとわかります。よく似た種にヒメイトトンボというのがいるのですが,こちらとは眼後紋の色で区別してみました。

2005/08/25 渡名喜村ウーチュガー

|

« 子供の頃に 会いたかった | トップページ | 秋の気配を感じさせる »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5924003

この記事へのトラックバック一覧です: 粉を被って一人前:

» 赤くて大きく,緑色 [SeaStar's Photolog]
集落の外れ,耕作地との境界に位置する建物では,部屋の中まで野生動物が迷い込んできます。この日,室内をふわりと飛んでいたのは真っ赤な腹部とその大きさが印象的なイ [続きを読む]

受信: 2006.05.25 13:54

» 赤くなくなる赤トンボ [SeaStar's Photolog]
傾いた日差しが厚い雲に遮られて,そろそろ潮時かと引き上げようとしたときに,新しい被写体に気が付いてしまいました。これが,一度撮影したことのあるものなら,そのま [続きを読む]

受信: 2006.09.12 13:45

» 粉を被った一人前 [SeaStar's Photolog]
今日は思い立ってウーチュガーへ。水辺の草むらということで,いろいろな生き物が見られるだろうと考えたのです。登ってみると,久しく訪れる者が無かったためか,腰まで [続きを読む]

受信: 2006.09.12 13:46

» 小さな小さな 肉食獣 [SeaStar's Photolog]
獣ってことはないんですけれども,こうしてガブリとやっているところを見ると,なかなか凶暴な面構えです。 このトンボは,コフキヒメイトトンボ。体色から,おそらく未 [続きを読む]

受信: 2007.01.22 21:38

« 子供の頃に 会いたかった | トップページ | 秋の気配を感じさせる »