« 「恥ずかしぃ!」というポーズ | トップページ | 艶々のお腹 »

尻の青い痣

ギンヤンマ
我々蒙古人種の証,尻の青い痣。大人になれば消えてしまうのですが,こちらは大人の証です。

昼下がりの集落で,白砂の道を行き交うトンボの群れ。ほとんどはウスバキトンボなのですが,一際大きなものが一匹います。決まったコースで往復を繰り返して,他のトンボがコースに侵入すると,急反転して追い払っていました。

尻(というよりは腰)の輝く青が印象的なこのトンボはギンヤンマです。置きピンで流し取りして捉えた1枚です。後ろ側からですが,折り畳んでいる脚や翅の斑紋,腹部の模様などがわかると思います。

2005/08/24 渡名喜村西底原

その後,雌個体の体色から,リュウキュウギンヤンマ,Anax panybeus らしいことがわかりました。

2006/05/16 追記

|

« 「恥ずかしぃ!」というポーズ | トップページ | 艶々のお腹 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5857567

この記事へのトラックバック一覧です: 尻の青い痣:

» ズレているのが効果的 [SeaStar's Photolog]
もう日が傾いてきているですが,久し振りに撮影に出掛けてみました。ここ数日,曇天が続いて,気温もそれほど上がらず,秋の気配を感じます。畑に群れていた鳥の群れは, [続きを読む]

受信: 2006.09.07 14:07

« 「恥ずかしぃ!」というポーズ | トップページ | 艶々のお腹 »