« 振り向けばそこに君がいた | トップページ | 粉を被って一人前 »

子供の頃に 会いたかった

ホソヘリカメムシ
思いっきりの開脚ポーズをしていますが,特に理由はないようです。たまたまこうなったところを見つけただけのようです。

この虫は,ホソヘリカメムシ。よく似た名前の近縁種にホソハリカメムシというのがいて,とても紛らわしく思います。こちらは,腰が細くなったように括れているところが特徴でしょうか。行動も敏捷で,ハチに擬態しているんだそうです。一方,若齢幼虫は行動だけではなくて,姿形もアリにそっくりなんだそうです。ぜひ見てみたいものですが,何しろ小さいので,よほど気を付けて探さないと見つけられないかもしれません。

2005/08/25 渡名喜村ヘート-ンダ(風力発電施設)

|

« 振り向けばそこに君がいた | トップページ | 粉を被って一人前 »

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

01_昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の頃に 会いたかった:

» やっと会えたら 改名してた [SeaStar's Photolog]
撮影地を求めて,島の西岸で隆起珊瑚礁の上に出られるところを探します。が,そんなに簡単には見つからない。結局,整備された観光地の周辺が気軽に手軽に立ち寄れるところ [続きを読む]

受信: 2017.05.18 22:04

« 振り向けばそこに君がいた | トップページ | 粉を被って一人前 »