« このあと黒くなる | トップページ | 実も黒い »

トゲトゲでコロコロ

ツキイゲ
イボタクサギを見つけた植えますの畑側は,トゲトゲが特徴的で,まるでウニ(特にガンガゼ!)のような植物が繁茂していました。動物から身を守るためにしては,そんな植食動物は海岸には来ないでしょう。昆虫には役立ちそうにありませんし。

帰ってから図鑑で調べると,何と,この実が脱落したあと,砂浜を転がるのだそうです。少ない投資で大きな球体を作るには,かなり効率的な方法でしょうね。

この植物は,ツキイゲ。屋久島・種子島以南に分布するそうですから,「本土」では見られないのですね。それにしても「ツキ」は月なのでしょうか。

ちなみに,手前に見える明るい緑の葉はハマオモトで,ツキイゲの葉ではありません。

2005/08/02 渡名喜村タカタ(南西海岸沿いの畑)

|

« このあと黒くなる | トップページ | 実も黒い »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5425879

この記事へのトラックバック一覧です: トゲトゲでコロコロ:

« このあと黒くなる | トップページ | 実も黒い »