« 白帯だけじゃない | トップページ | ベイツさんの方法 »

腹まで赤い

ジャコウアゲハ
渡名喜島で目に付く第3のアゲハチョウ,それがこのジャコウアゲハ。黒い羽はシロオビアゲハと同じなのですが,白帯ではなくて赤い斑点の縁取りがあります。しかも,腹まで赤い。胸部から腹部にかけての体色が赤いくなっているのはこの種とベニモンアゲハくらいです。ベニモンの方は,後翅に白斑が有るのですぐにそれとわかるのです。

このジャコウアゲハとベニモンアゲハは,食草であるウマノスズクサ類の成分を成虫になっても体内に持っていて,それが捕食者(鳥)に対して毒として働くというのです。たとえ1頭が犠牲になったとしても,あまりに不味いので,もう二度と手を出さなくなるんだとか。腹まで赤いのは,そのことを知らせる意味もあるのかもしれません。したたかな生存戦略です。

2005/08/02 渡名喜村タカタ

|

« 白帯だけじゃない | トップページ | ベイツさんの方法 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5675032

この記事へのトラックバック一覧です: 腹まで赤い:

» 蝶の季節 [SeaStar's Photolog]
9月になって,久し振りに野外へ出てみると,驚いたことにチョウが一杯います。夏枯れのためか,他の昆虫や草木の花は少なくなっているのに,ただ1種類のチョウが,とに [続きを読む]

受信: 2006.09.15 18:04

« 白帯だけじゃない | トップページ | ベイツさんの方法 »