« 見慣れたものは気付きにくい | トップページ | 垂れ下がってる・こぼれてる »

見れども見えず

オオムラサキシキブ
例によって,林道から外れたところをウロウロしていると,小さな花をたくさんつけた木が目に留まりました。薄紫色が涼しげで,緑の葉によく映えています。何枚か撮影して,集落に戻ってみると,屋敷林の中でもたくさん咲いていました。これも,意識してみないとものが見えないということでしょう。

この花は,オオムラサキシキブ。日本各地に生えるムラサキシキブの変種だそうです。秋には,紫色の実を結ぶようですから,たのしみにしておきます。

2005/07/15 渡名喜村大本田園地(ミシルジ)

|

« 見慣れたものは気付きにくい | トップページ | 垂れ下がってる・こぼれてる »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5339332

この記事へのトラックバック一覧です: 見れども見えず:

» もっと濃くなる!? [SeaStar's Photolog]
冷たい風が吹き抜ける林道で,鮮やかな紫色の実を着けた木を見つけました。紫というよりも「マゼンタ」といった方がいい感じがします。 この実はオオムラサキシキブ。夏 [続きを読む]

受信: 2005.12.22 13:52

« 見慣れたものは気付きにくい | トップページ | 垂れ下がってる・こぼれてる »