« 頭隠して,し* | トップページ | 揃えて畳む »

きらきらひかる

ニューギニアヤリガタリクウズムシ
そのわけは,フラッシュを浴びた粘膜が光を反射しているからですね。

この生き物は,ニューギニアヤリガタリクウズムシ。「槍形陸渦虫」ということです。ウズムシというのは扁形動物の仲間で,よく知られているのはプラナリアです。という話をすると,決まって聞かれるのが,バラバラに切ったら増えるのかということ。ここらへんは常識レベルなんですね。でも,この種を含めたリクウズムシやコウガイビルの仲間が,陸貝の主要な天敵であることはほとんど知られていません。図鑑などでも,よく紹介されているのですが。

左下の切り込みは,頭部の拡大。一対の眼点があるように見えたのですが,わかるでしょうか。
宮古島での観察はこちらをご覧ください。。

2005/08/18 うるま市具志川野外レクセンター

|

« 頭隠して,し* | トップページ | 揃えて畳む »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5616614

この記事へのトラックバック一覧です: きらきらひかる:

« 頭隠して,し* | トップページ | 揃えて畳む »