« 海から来るもの | トップページ | 大きな目玉はハンターの徴 »

壁の補強工事

クロスジスズバチ 5月の終わり,いつもの見慣れた風景に,異質なものが付け加わっていることに気付きました。宿舎の壁に泥団子が投げつけられたような塊りがあるのです。もちろん誰かのイタズラなどではなくて,ハチが巣作りしていたのですね。最初は団子のように丸かったものが,数日経つうちに,どんどん上へと伸びていきました。
この日は休日で,昼間の暑い時間に観察することができました。で,ついに,この巣の主を撮影できたのです。細い腰(腹部第1及び第2節)が特徴的なこのハチは,クロスジスズバチ。ドロバチ科という名の通り,泥を使って巣作りするのですね。この写真も,泥を咥えて何度も運んでくるところ待ち構え,ぐっと近付いて撮影しました。泥をつけられたばかりのところは,色が黒っぽくなっていて,どのように作業したのかがわかると思います。

2005/06/11 渡名喜村

|

« 海から来るもの | トップページ | 大きな目玉はハンターの徴 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/4813456

この記事へのトラックバック一覧です: 壁の補強工事:

» 400Ω!? [SeaStar's Photolog]
この夏は,街中の公園や空き地で生き物観察をしてみたのですが,そうして初めて目にする動植物もたくさんありました。すると,そればかり気になって目に留まってしまう, [続きを読む]

受信: 2007.10.08 00:50

» 暑さ対策の決め手は しっかり給水 [SeaStar's Photolog]
地学巡検の準備も兼ねて,うるま市与那城の海中道路を渡り,宮城島へとやって来ました。台地状になった島は,東側斜面に大きな集落が位置しています。これは,どうやら湧き [続きを読む]

受信: 2008.08.08 23:55

« 海から来るもの | トップページ | 大きな目玉はハンターの徴 »