« 雲・蜘蛛 どっち? | トップページ | 男の武器は この太腿 »

やっと近づけた

オサハシブトガラス
再びカラスです。賢い鳥ですから,こちらから近付いていけることは望むべくもありません。このときは,林道を通行中,視界の隅で動いた大きな影に急停車。振り向くと,道路脇の枯れ木で3羽のカラスが遊んでいたのです。車から降りれば,絶対に逃げられてしまうだろうし,バックするのもどうかなと。窓越しの苦しい姿勢で撮影しました。

1月に撮影したときよりは,ずっと鮮明に捉えることができましたが,右側が白くかぶってしまったのは残念。それでも,ハシブトガラスの特徴である嘴の湾曲はわかるかなと思います。県内で見られるのは,嘴が比較的細い別亜種のオサハシブトガラスになるようです。

ということで,今月の鳥は再掲になってしまいました。

2005/07/15 渡名喜村渡名喜林道

|

« 雲・蜘蛛 どっち? | トップページ | 男の武器は この太腿 »

04_鳥」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/5021654

この記事へのトラックバック一覧です: やっと近づけた:

» 見慣れたものは気付きにくい [SeaStar's Photolog]
宮古・八重山は大変なことになっているようですが,ここ渡名喜島では,台風9号の影響はそれほどでもなく,無事に過ぎようとしています。 今年は酉年ということもあって [続きを読む]

受信: 2005.08.05 12:37

« 雲・蜘蛛 どっち? | トップページ | 男の武器は この太腿 »