« 夜の灯りに誘われて | トップページ | 梅雨時は元気 »

招かれざる客

ミナミマルツチカメムシ
夜の灯りに虫が集まることは,昆虫採集するときには都合がいいのですが,普段の生活では,どちらかというと困ることです。その代表が,この黒いカメムシ。名前をミナミマルツチカメムシ,といいます。その名の通り,土の中で暮らしているのですが,日が暮れてからしばらくすると,一斉に飛び回り始めるのです。このとき窓を閉め忘れていようものなら,大変なことになってしまいます。部屋の中がカメムシだらけ。そして,この虫かなり臭い。髪の中に入られたりすると,かなりイヤな思いをします。この特徴から,通称が「ピー虫」。「おなら虫」ってことですね。
2005/05/31 渡名喜村西底原

|

« 夜の灯りに誘われて | トップページ | 梅雨時は元気 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/4660715

この記事へのトラックバック一覧です: 招かれざる客:

» 空の青を写し取り [SeaStar's Photolog]
春の木漏れ日の中を,低く飛んでいく小さな虫。ツチカメムシにしては黒くないなぁ,などと思いながら後を追いました。砂地に降りたので,早速レンズを向けてみて,その輝 [続きを読む]

受信: 2006.04.05 18:18

« 夜の灯りに誘われて | トップページ | 梅雨時は元気 »