« 青=緑 | トップページ | 陽だまりに煌く瑠璃色の翅 »

夏の装い -"cool biz"

タテハモドキ夏型
今年の夏は衣替えで大騒ぎしていますが,生物たちも季節によって姿を変えています。といっても,このチョウのように寿命が短くて季節を跨いで生きられないものは,成虫になる季節によって翅の形や模様が変化するのです。このチョウ,タテハモドキの場合,写真のような蛇の目模様は夏型なのだそうです。これが秋に見られる個体だと地味な枯葉模様になるそうです。

蛇の目模様の内側に白線があるのは,リュウキュウヒメジャノメと同様です。科レベルで違う種の間に同一の模様が見られるということは,それだけ生態的に価値があって進化的に安定なのでしょうね。
2005/05/12 渡名喜村フカンタキ(電業所近くの農道)

|

« 青=緑 | トップページ | 陽だまりに煌く瑠璃色の翅 »

01_昆虫」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/4438235

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の装い -"cool biz":

» 目玉模様も結構複雑 [SeaStar's Photolog]
前後の翅に大きな目玉模様。でも,ジャノメチョウの仲間とは違って,単純な同心円ではないのですね。特に後翅の目玉は,白斑が二つも入っています。「蛇の目」だけではな [続きを読む]

受信: 2005.08.30 17:33

» 今度は いい角度で [SeaStar's Photolog]
日没が迫った島の集落内は,まさに逢魔時の趣です。 といっても,出会ったのは一頭のチョウ。見つけたときは翅を閉じていたので,薄茶色の翅裏の模様が周囲の枯れ草に紛 [続きを読む]

受信: 2006.10.11 23:37

» ビロードの質感 [SeaStar's Photolog]
子どもたちと出掛けた野外観察を終えて集落へと戻ってきたときに,目の前を素早く横切る蝶がいました。直線的なこの飛び方はセセリチョウの仲間。でも,これまでに紹介し [続きを読む]

受信: 2007.03.05 08:55

« 青=緑 | トップページ | 陽だまりに煌く瑠璃色の翅 »