« 荊の縛め | トップページ | 緑の中で よく目立つ »

葛でも藤でも ないけれど

ハマナタマメの総状花序 渡名喜島の南部山塊は渡名喜林道によってアクセスしやすくなっています。この一枚は,林道建設によってできただろう法面で咲いていた花,ハマナタマメです。この周辺は,ソナレムグラやツルモウリンカなど,本来海岸近くで見られるような植物が生えています。ハマナタマメも,その名の通り「海岸の砂浜や岩場,海岸林の林縁」が生息地。それが法面いっぱいに茂って,カバープラントとして植栽されたようになってます。そして,大きな花が垂れ下がるようにして,あちらこちらで咲いていました。
2005/05/17 渡名喜村渡名喜林道

|

« 荊の縛め | トップページ | 緑の中で よく目立つ »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/4379170

この記事へのトラックバック一覧です: 葛でも藤でも ないけれど:

» トップはクズ。でも実は… [SeaStar's Photolog]
ほぼ一月ぶりに登った西森。山道が切り開かれたほかには,それほど変化は無かったのですが,山頂付近でもタイワンクズの花を見つけることができました。二度目ということ [続きを読む]

受信: 2005.11.02 01:44

« 荊の縛め | トップページ | 緑の中で よく目立つ »