« 第三の燕 | トップページ | 一文字は4つの点 »

アメリカによる占領の影響

シロアゴガエル
というと,外国の話のようですが,もちろんそうではありません。沖縄では33年前まで続いたアメリカの占領によって,生物相にも様々な影響が見られるのです。

写真のカエルは,シロアゴガエル。子どもたちが見つけて持ってきてくれたものです。東南アジア原産だそうですが,最初に本島中部で発見されたことなどから,米軍による移入が疑われているそうです。そんなカエルが,一日一回の船便しかないこの渡名喜島で見つかるとは。スクミリンゴガイといい,移入種から見ると,ここ渡名喜島も確かに日本の一部,沖縄の一部であることがわかります。
2005/05/19 渡名喜村

|

« 第三の燕 | トップページ | 一文字は4つの点 »

05_両生類・爬虫類」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/4326672

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカによる占領の影響:

« 第三の燕 | トップページ | 一文字は4つの点 »