« 疾風のようには 走れない… | トップページ | No one will be watching us. »

これって「オウチュウ」?

0512dicrurus_macrocercus01
梅雨の晴れ間にモクマオウの雌花を探しに出かけました。港近くでウロウロしていると,頭の上から「ギャーギャ-」と騒がしい声が聞こえてきます。オナガのように思えたのですが,県内いるはずもありません。姿を探すと,枯れ木の天辺に黒い鳥が5~6羽とまって騒いでいます。長い尾がやっぱりオナガを思わせます。

帰ってから図鑑で調べてみると,どうも「オウチュウ,Dicrurus macrocerus」らしいのです。春の渡りに見られ,,低地の開けた場所で,木の枯れ枝の先にとまっていて,浅い波状をえがいて飛ぶ,という記述がピッタリ合うのです。

沖縄,鹿児島,対馬で1回ずつの記録があるようです。ネットで検索すると,各地で撮影されているようですが,珍鳥であることは間違いないようです。もしも本当にオウチュウなら貴重な記録なのかもしれません。
2005/05/11 渡名喜村タレーマ

|

« 疾風のようには 走れない… | トップページ | No one will be watching us. »

04_鳥」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/4094472

この記事へのトラックバック一覧です: これって「オウチュウ」?:

« 疾風のようには 走れない… | トップページ | No one will be watching us. »