« 箒の先で 花開く | トップページ | 2倍ついてる »

二段重ね

複散形花序
春真っ盛りの渡名喜島,先日撮影したハマウドも花が開いているかなと思い,再び訪ねてみました。ブロッコリーのようだった蕾も大きく開いて,小さな花がたくさん咲いていました。さっそく撮影を始めたのですが,ふと気付くと,真ん中あたりの花は形が違うようです。雄花雌花のちがいだろうと,そんなに気にせず撮影を終えたのですが,帰ってから図鑑を見ると,「複散形花序」とあります。きちんと呼び方があるのですね。横から見ると上下二段になっていました。花序全体のつくりが単一の花と同じになっているところが面白く感じられます。
2005/04/03 渡名喜村東の浜

|

« 箒の先で 花開く | トップページ | 2倍ついてる »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/3559043

この記事へのトラックバック一覧です: 二段重ね:

» やっぱり よく似てる [SeaStar's Photolog]
毎日の投稿のために被写体を探すようになって,随分進歩したことに「植物を見る目」があります。これまでは,余り関心が無いこともあって,なかなか種名や識別点を覚えら [続きを読む]

受信: 2006.09.03 21:17

« 箒の先で 花開く | トップページ | 2倍ついてる »