« 樹楽庵2005 | トップページ | 黒斑六つ »

クモのかあちゃんも とうちゃんを 食べる

0428argiope_aemula01
名曲「カマキリのかあちゃん」のアタマをパクリました。というのも,図鑑に載っているこのクモの記述が「交尾が終わると雄は雌に食われてしまう」ですから。何だか「必ず」という感じで,救いがない表現です。まぁ,卵形成に栄養を供給するといった意味合いで,適応的意義は高いのでしょうが,必ず食われるとは限らないのじゃないかと思うのです。それとも,オスは進んで食べられるのでしょうか?逃げ出して,別なメスと交尾しようとするのが,オスの戦略だと思うのですけれど。

クモの名前はナガマルコガネグモといいます。腹部の模様と脚の縞模様が特徴的です。県内各地で普通に見られるようです。

2005/04/22 渡名喜村西底原

|

« 樹楽庵2005 | トップページ | 黒斑六つ »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/3894011

この記事へのトラックバック一覧です: クモのかあちゃんも とうちゃんを 食べる:

» 裏側だって特徴的 [SeaStar's Photolog]
モチキビの収穫を終えて,冬野菜の植え付けまでは農閑期になるのか,集落から離れたところにあるタカタの畑地は荒れ放題といった様相です。畑の周りの農道も,センダング [続きを読む]

受信: 2006.10.19 13:21

« 樹楽庵2005 | トップページ | 黒斑六つ »