« 過剰演出への戒め…かな!? | トップページ | ひなたぼっこが好き »

単純なのに(だから)多様

テリミノイヌホウズキ
出勤途中に,小さな可憐な花が朝日を浴びて咲いているのを見つけました。花の様子からナス科だなぁと見当がつくくらいにはなっているのですが,そこから先は図鑑のお世話になりました。この花は,テリミノイヌホウズキ。花序のつき方と葉に鋸歯が無いことでイヌホウズキと区別しましたが,どうでしょうか。

こうして野の花に目を配るようになって,改めて気付いたのですが,花のつくりって,どれもみな同じようなものですね。この花も五放射相称。このほかアブラナ科の四放射,ユリ科は三放射,マメ科やラン科は左右相称。そして,中心から雌蕊雄蕊花弁萼と,順序も決まってますし。それでも「1つとして同じものは無い」なんて歌われるくらい多様に見せられるのですから,自然の造形はたいしたものです。
2005/03/09 渡名喜村西底原

|

« 過剰演出への戒め…かな!? | トップページ | ひなたぼっこが好き »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/3231321

この記事へのトラックバック一覧です: 単純なのに(だから)多様:

» ミニミニ 黒 トマト [SeaStar's Photolog]
渡名喜島の北部山塊も西森園地として整備が進み,以前は獣道のようだったところにきれいなカラー舗装された道が付けられています。切り開かれて明るくなったり,水の流れ [続きを読む]

受信: 2007.01.24 08:01

« 過剰演出への戒め…かな!? | トップページ | ひなたぼっこが好き »