« ベッドでお食事 | トップページ | ネギは無いけど やって来る »

そっと寄り添う

タイワンタマキビ
厳しい北風に耐えるように,そっと寄り添う2つの貝。実際は1cm以下の小さな貝です。潮間帯の最上部,やっと飛沫がかかるくらいの高さで生活するタマキビの仲間,タイワンタマキビ(マルアラレタマキビ)です。
ちょうどよい角度から日の光が射して,殻の表面のようすがよくわかります。光沢のある表面にはジグザグ模様の褐色の線。そして,ぐるっと取り巻く螺肋もよくわかると思います。千葉県の海岸でよく見かけたアラレタマキビによく似ています。けれども,このジグザグ模様ですぐに区別がつきます。
2004/12/25 渡名喜村クタラー(シュガー浜北側の岩礁)

|

« ベッドでお食事 | トップページ | ネギは無いけど やって来る »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/2569895

この記事へのトラックバック一覧です: そっと寄り添う:

« ベッドでお食事 | トップページ | ネギは無いけど やって来る »