« 岩肌に残された 不思議な模様 | トップページ | 北風に 肩をすくめて 一人いる »

今の姿を保ち続ける

トラフザラ
こちらも地味な楕円形の貝。ヨメガカサと同属のトラフザラ(オオベッコウガサ)です。この貝,どちらが頭かというと,殻の中心が寄っている方(左下)です。つまり,写真のようすは,ずっと進んできた笠貝が,二枚貝の集団にぶつかり立ち往生しているところなのです。

ところで,左上の部分には二枚貝が全く見られません。これは,笠貝類などのグレイザーが岩の表面を削り取って食べているためなのだそうです。プランクトンの時期を終えた二枚貝の幼生が岩の表面に付着したとしても,グレイザーが微細藻類を食べるときに一緒に削り取られてしまうのです。一方,二枚貝の集団の中には笠貝類が入ってこられないために,次々と新しい二枚貝が定着できるのだそうです。結局,笠貝類は自分が食べることで,食べるためのエサを確保し続けられることになるのです。

うまくできた話ですが,実際には,笠貝が捕食者に襲われたり,二枚貝の集団が剥がれ落ちたりして,いろいろと変化が起きているようです。そこら辺が群集動態のおもしろいところです。
2004/12/25 渡名喜村クタラー(シュガー浜北側の岩礁)

|

« 岩肌に残された 不思議な模様 | トップページ | 北風に 肩をすくめて 一人いる »

03_その他無脊椎動物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/2498467

この記事へのトラックバック一覧です: 今の姿を保ち続ける:

» オオベッコウガサ [留萌ブログ]
腹足綱 前鰓亜綱 カサガイ目 ヨメガカサガイ亜目 ヨメガカサガイ上科 ヨメガカサガイ科 オオベッコウガサ Cellana testudinaria (Linnaeus,1758) 19×58mm [続きを読む]

受信: 2005.03.11 00:17

» その名の由来を内側に秘め [SeaStar's Photolog]
黒潮洗う外房の海とはいえ,やはり沖縄とはいろいろ生き物がちがっています。県内では見られないものの1つがこのベッコウガサ。殻頂は溶食されて白くなっていることが多い [続きを読む]

受信: 2008.02.01 01:31

« 岩肌に残された 不思議な模様 | トップページ | 北風に 肩をすくめて 一人いる »