« 本当は もっと南の | トップページ | 後ろは お掃除中 »

アサとヒルの境目は?

モミジヒルガオ
先週に引き続き,所用で渡名喜を出て,今度は具志川市に行ってきました。野外レクセンターのバンガローで宿泊したのですが,森の中のキャンプ場といった雰囲気で,家族で利用するのもいいかな,と思いました。
さて,県内の林では,林道沿いなどの林縁部につる性植物が繁茂して,シートを被せたようになっていることがよく見られます。マント群落というそうです。写真のようなアサガオの仲間も,よくマント群落を作っています。写真の種類は,葉の形から名付けられたのでしょうか,モミジヒルガオというそうです。花の形からはアサガオでも構わないように感じますが,昼になっても花がしぼまないからヒルガオになるのでしょうか?アサガオもヒルガオも同属のようですが,和名をつけるときにどんな基準で選ぶのか,気になるところです。
2004/12/05 具志川市野外レクセンター

|

« 本当は もっと南の | トップページ | 後ろは お掃除中 »

07_植物」カテゴリの記事

34_中頭の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/2183383

この記事へのトラックバック一覧です: アサとヒルの境目は?:

« 本当は もっと南の | トップページ | 後ろは お掃除中 »