« 鳥の目線で | トップページ | この島で生きてゆく »

秋を彩る 薄桃の花

サキシマフヨウ
渡名喜林道は,島の南部山塊を東西に横切っています。その中央に最高点の渡名喜園地が設けられているのですが,ここを境に東西の趣きが随分と違います。東側は崖沿いの風衝地といった感じですが,西側は沢筋に沿って林の中を縫うようになっています。そんな西側の林道沿いで見つけた薄桃色の花。始めはハイビスカスかなと思ったのですが,それにしては花びらが開きすぎているように感じます。色も控え目ですし。で,例によって帰宅してから図鑑で調べると,サキシマフヨウ。秋に花咲く種類のようです。属名はHibiscusとなっていますから,当たらずとも遠からずといったところでしょうか。
2004/10/30 渡名喜村渡名喜林道

|

« 鳥の目線で | トップページ | この島で生きてゆく »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/1854463

この記事へのトラックバック一覧です: 秋を彩る 薄桃の花:

« 鳥の目線で | トップページ | この島で生きてゆく »