« 流れに乗って | トップページ | 凸頭心形 »

ずいぶん離れているけれど

ソナレムグラ
渡名喜林道を東海岸のアンジェーラから登っていくと,やがて広く視界の開けるところに出ます。遥かに座間味の島々や沖縄本島を望むことができるこの場所には,駐車スペースと東屋が設けられています。島の南東岸に当たるこの場所は絶壁の上にあって,標高は100mほどになります。そんな場所で,ソナレムグラを見つけました。本来は海岸の岩礁で見られる植物ですが,きっとこんな場所でも波しぶきが頻繁に飛んでくるのでしょう。駐車スペース脇の空き地を,他の野草と奪い合うように蔓延っていました。
2004/09/25 渡名喜村渡名喜林道島尻展望台

|

« 流れに乗って | トップページ | 凸頭心形 »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/2005403

この記事へのトラックバック一覧です: ずいぶん離れているけれど:

« 流れに乗って | トップページ | 凸頭心形 »