« 若造だけど 頭は高く | トップページ | 甲羅干し »

モジャモジャも よくよく見ると 二叉分枝

シマグワの雌花
10月末にやってきた台風23号は,島の自然に大きな影響を残しました。集落のあちこちで屋敷林として植えられた木々が丸坊主になっていました。けれども,1週間もすると新たに芽吹いてきて,すっかり緑を取り戻したものもあります。写真のシマグワはたくさん実をつけていたのですが,台風で実も葉もとばされてしまいました。でも,もう新しい花を咲かせています。たいした生命力です。この花は雌花ですから,モジャモジャしているのは「めしべ」ということになります。雄花もそのうち撮影したいと思います。
ところで,島の人に聞いてみると,昔は各家庭で蚕を飼っていたそうで,そのため集落のあちこちにクワが植えられているのだそうです。
2004/11/02 渡名喜村

|

« 若造だけど 頭は高く | トップページ | 甲羅干し »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/1898604

この記事へのトラックバック一覧です: モジャモジャも よくよく見ると 二叉分枝:

» 胚発生が先 [SeaStar's Photolog]
通勤途中にあるシマグワの木。台風のたびに実を落としてしまい,なかなかキレイに色付いたところを撮影できずにいました。けれども,今年は台風の直撃が少なくて,たわわ [続きを読む]

受信: 2005.10.04 13:52

« 若造だけど 頭は高く | トップページ | 甲羅干し »