« わたしも白帯 | トップページ | ねばついた赤いたね »

フサフサしっぽがポイントかな!?

ワタヘリクロノメイガ
センダングサの草むらは,たくさんの小さな蛾が飛び回っています。ほとんどが地味な薄茶のシロオビノメイガです。そんな中で1頭だけ白っぽくてよく目立つものがいました。レンズを向けると,腹端に房のように毛がついていて,それを上下左右に振っているのです。まるでチアリーディングのポンポンみたいです。図鑑では「尾端の毛塊」と表現されています。こちらのほうが目立つと思うのですが,和名は翅に注目してワタヘリクロノメイガ。「ワタを食害する縁が黒い翅の螟蛾」ということのようです。冬瓜や糸瓜も食べるようですから,集落近くの畑では,もっとたくさんいるのかも知れません。
2004/10/09 渡名喜村大本田渡名喜園地

|

« わたしも白帯 | トップページ | ねばついた赤いたね »

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

01_昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フサフサしっぽがポイントかな!?:

« わたしも白帯 | トップページ | ねばついた赤いたね »