« すわ 一大事!...!? | トップページ | さよなら ぶるーすかい »

雨,そして風に耐えて 花開く

テリハノイバラ
島尻毛へと登っていく山道は,昔の人々が畑仕事に通った道です。畑作が盛んだった1960年代から40年が経ち,一部は匍匐性の草本・木本によってマット状に覆われています。そんな足元に白い花が一輪咲いていました。強い風のためか,それとも,もう花の時期を過ぎているからか,花びらが裂けて痛々しい感じがします。手に取ろうとすると,茎には棘がいっぱい。和名はテリハノイバラ,そして学名では,Rosa wichuraiana。バラそのものだったんですね。来年は満開の時期を見たいと思います。
2004/09/25 渡名喜村島尻毛(シマジリモウ)

|

« すわ 一大事!...!? | トップページ | さよなら ぶるーすかい »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/1803359

この記事へのトラックバック一覧です: 雨,そして風に耐えて 花開く:

» 荊の縛め [SeaStar's Photolog]
この日,何気なく訪れたタレーマの巨岩。思ったよりもいろいろな生き物を見ることができました。その中でも見事だったのは,満開のテリハノイバラ。去年は時期がズレてい [続きを読む]

受信: 2005.06.01 13:38

« すわ 一大事!...!? | トップページ | さよなら ぶるーすかい »