« じっと見つめてる | トップページ | 夕日を浴びて »

連れ去り事案

アシナガキアリ
以前にも紹介したアシナガキアリ。ほんとうに働き者で,雨上がりにはそこかしこで見られます。この日も運動場のすみでヤスデが運ばれていくところを見つけました。自分のからだの何倍もあるヤスデを引っ張る姿には,感心させられます。けれども,スケールを考えると当たり前のことで,小さなアリの生活をヒトに当て嵌めるほうが間違いなんですよねぇ。それにしても,ずっとコンクリートが続く側溝沿い。アリのサイズで考えると永遠に続くようにも思えます。
2004/09/13 渡名喜村

|

« じっと見つめてる | トップページ | 夕日を浴びて »

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

01_昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連れ去り事案:

« じっと見つめてる | トップページ | 夕日を浴びて »