« 棒ではないけれど…,当たった! | トップページ | 幼さが残る顔だけど »

鷹の渡り

アカハラダカ
今日は秋分。日の出を撮影しようと林道を登り展望台へ。残念ながら曇りがちでステキな日の出は撮影できませんでした。その代わりに,思いがけないものをいろいろと見ることができました。その一つがこの写真。ふと気が付くと島の上空にものすごい数の鳥が舞っています。くるくる旋回して,高く高く昇っていきます。話に聞いていた「鷹柱」のようです。白露の頃にやってくるというアカハラダカです。初めて見たわたしには,空を埋め尽くすように感じられましたが,きっと以前はもっとたくさん飛来していたのでしょうね。しばらくしてから西側の慶良間列島,久場島の方へ飛んで行きました。
2004/09/23 渡名喜村大本田展望台から

|

« 棒ではないけれど…,当たった! | トップページ | 幼さが残る顔だけど »

04_鳥」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/1504729

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹の渡り:

» TAC6:鷹柱を観察しよう! [勝手に渡名喜]
思い出したように活動している「あやしいものクラブ」も,これで第6回。今日は,アカハラダカの渡りの観察です。「白露の鷹」とも呼ばれていて,この時期になると沖縄県内の各地に渡ってくる鷹を観察しようというのです。特に,日の出の頃に,上昇気流に乗った鷹の群れが,らせんを描くように群れ飛ぶ様子は壮観です。 事前の観察で,今年は例年よりも渡りの時期が早いようなので,平日の早朝に実施しました。5時半集合6時出発という無謀な時間設定に�... [続きを読む]

受信: 2006.09.14 09:04

» 「鷹の写真」 再び [SeaStar's Photolog]
この日は所用で朝の便に乗って本島に。このため仕事はお休みを頂いて,船に載せるための荷物を準備していました。そんな時に頭の上から聞こえてきたのは,「ピックイィー [続きを読む]

受信: 2006.10.17 17:02

« 棒ではないけれど…,当たった! | トップページ | 幼さが残る顔だけど »