« ヒゲ と しっぽ が決め手です。 | トップページ | 棒ではないけれど…,当たった! »

夕日に映える 白い崖

粟国島・筆ん崎
渡名喜島は,慶良間,久米,粟国の島々が作る三角形のほぼ中央に位置しています。このため,これらの島々が すぐそこに見えています。もうすぐ日没というとき,島の北西海岸から薄紅色に輝く粟国島の崖が見えました。粟国は渡名喜と違って平坦な島であること,南西端の筆ん崎は切り立った崖になっていることが,渡名喜島からもよくわかります。この崖は,デイサイト質の凝灰岩からなっているのだそうで,露頭の写真を見ると見事なまでに真っ白です。その様子が,この距離からでもよくわかるように思います。
2004/09/19 渡名喜村シュガー浜より粟国島を望む

|

« ヒゲ と しっぽ が決め手です。 | トップページ | 棒ではないけれど…,当たった! »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/1494901

この記事へのトラックバック一覧です: 夕日に映える 白い崖:

« ヒゲ と しっぽ が決め手です。 | トップページ | 棒ではないけれど…,当たった! »