« スカルン鉱物 再び | トップページ | シド崎のダブルノッチ »

アプライトの岩脈

アプライトの岩脈 シド崎に見られるように,渡名喜島ではマグマが母岩の割れ目に入っていった『貫入』という現象がよく観察されます。もちろんはるか昔,第三紀中新世に起きたことなのですが,そのダイナミックなようすには,惹きつけられるものがあります。これは,わたし自身が関東平野で生まれ育ち,宮古島,沖縄本島南部で生活してきたからかもしれません。この写真は,シド崎への途中,グシクヌムイという岬で見られるもの。中央縦に伸びる白っぽい部分が細粒花崗岩のアプライト岩脈。両側の母岩はデイサイト質凝灰岩が変成作用を受けた石英長石質ホルンフェルス。貫入のようすがよくわかる場所だと思います。
2004/08/01 渡名喜村北東海岸グシクヌムイ

|

« スカルン鉱物 再び | トップページ | シド崎のダブルノッチ »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/1156241

この記事へのトラックバック一覧です: アプライトの岩脈:

« スカルン鉱物 再び | トップページ | シド崎のダブルノッチ »