« 飛ばされないように,しっかりと ウスバカマキリ | トップページ | 渡名喜村 (ほぼ)全景 »

「美しい」というより,むしろ「派手」!?

シロジュウジホシカメムシ
集落外れの空き地に生えているオオハマボウの蕾に,カメムシが群れているのを見つけました。赤白黒の取り合わせが,とってもよく目立ちます。その名もシロジュウジホシカメムシ。そのまんまの名前ですね。同属のクロジュウジホシカメムシとの識別点は,頭部の色。シロ~は赤,クロ~は黒なんだそうです。ところで,図鑑にはこれらの種が「美しい」,「美麗」と書かれているんですが,透明感の無い色彩は,毒々しい感じさえして,派手なだけという気がします。まぁ主観の問題ですけれども。
2004/07/30 渡名喜村

|

« 飛ばされないように,しっかりと ウスバカマキリ | トップページ | 渡名喜村 (ほぼ)全景 »

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

01_昆虫」カテゴリの記事

コメント

 ガンの手術を5回もして気がついたら70歳を過ぎていました。美しい生物の写真を見せていただき、いまさらながら地球の、生命の、美しさに触れた気がします。もっと早く南の島のことを知って、働き蜂をやめていればよかったと悔いと悔いとに身もそぞろです。ありがとう。

投稿: 鈴木堅大郎 | 2005.05.06 22:06

 ガンの手術を5回もして気がついたら70歳を過ぎていました。美しい生物の写真を見せていただき、いまさらながら地球の、生命の、美しさに触れた気がします。
 もっと早く南の島のことを知って、働き蜂をやめていればよかったと悔いと悔いとに身もそぞろです。ありがとう。

投稿: 鈴木堅大郎 | 2005.05.06 22:06

 ガンの手術を5回もして気がついたら70歳を過ぎていました。美しい生物の写真を見せていただき、いまさらながら地球の、生命の、美しさに触れた気がします。
 もっと早く南の島のことを知って、働き蜂をやめていればよかったと、悔いと悔いとに身もそぞろです。ありがとう。

投稿: 鈴木堅大郎 | 2005.05.06 22:07

 ガンの手術を5回もして気がついたら70歳を過ぎていました。美しい生物の写真を見せていただき、いまさらながら地球の、生命の、美しさに触れた気がします。
 もっと早く南の島のことを知って、働き蜂をやめていればよかったと、悔いと悔いとに身もそぞろです。いきいきした息吹をありがとう。

投稿: 鈴木堅大郎 | 2005.05.06 22:08

 ガンの手術を5回もして気がついたら70歳を過ぎていました。美しい生物の写真を見せていただき、いまさらながら地球の、生命の、美しさに触れた気がします。
 もっと早く南の島のことを知って、働き蜂をやめていればよかったと、悔いと悔いとに身もそぞろです。いきいきした息吹をありがとう。

投稿: 鈴木堅大郎 | 2005.05.06 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「美しい」というより,むしろ「派手」!?:

» 黒斑六つ [SeaStar's Photolog]
アブラナ(科の野菜,品種は不明)の花の上で,こちらをじっと見つめているこの虫はヒメナガメ。赤(オレンジ?)と黒の配色が強烈です。これも警戒色の一種なのでしょう [続きを読む]

受信: 2005.04.30 17:39

» 男の武器は この太腿 [SeaStar's Photolog]
それにしてもカメムシの仲間は,無防備に姿を晒しているように見えます。この時も,昼過ぎの明るい時間,葉の表側でじっとしているのです。この体色ですから,はっきりと [続きを読む]

受信: 2005.07.19 13:58

» 寒さに耐える団体行動 [SeaStar's Photolog]
水中の微生物(ワムシやゾウリムシですね)を探しに行った帰り道,道路脇の木に目をやると,大きな葉の陰に黒い塊が見えました。一度は通り過ぎたのですが,気になって引 [続きを読む]

受信: 2006.02.07 19:36

» 星は黒いが [SeaStar's Photolog]
宿主(食草)のフヨウ類は,島内のあちらこちらに生えているし,明るい赤と黒のコントラストは警戒色として,とても目立つ色彩です。そんなことを考え合わせると,これま [続きを読む]

受信: 2007.02.07 09:34

« 飛ばされないように,しっかりと ウスバカマキリ | トップページ | 渡名喜村 (ほぼ)全景 »