« クマゼミ前線 | トップページ | 水上運動会で水中玉入れ »

灯台跡の巨岩

タレーマ
フェリーターミナルを出て,左(北)に向かい,集落の外れからしばらく進むと,陸側に巨大な岩が見えてきます。北側から見ると,その上に小さな構造物が載っています。どうやらこれが『灯台』跡らしいのです。確かに,海に面して大変見晴らしがよかったでしょうから,灯台にピッタリかもしれません。なんとも素朴な感じがします。
さて,灯台の基礎になっているこの巨岩,近くによってよく見ると,礫岩のようになっています。『捕獲岩を多量に含む斑岩』だそうで,古生層の破砕帯にマグマが染み込んだ第三紀中新世の半深成岩なのだそうです。沖縄本島南部では全く見ることができない露頭です。
2004/07/06 渡名喜村タレーマ

|

« クマゼミ前線 | トップページ | 水上運動会で水中玉入れ »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/913265

この記事へのトラックバック一覧です: 灯台跡の巨岩:

» カメと同等 [SeaStar's Photolog]
渡名喜島に来て1年が経ち,季節がひと回りしたわけですが,去年は気付かなかった花や鳥,風景を見つけることがしばしばあります。写真の花もその1つ。タレーマの岩塊の [続きを読む]

受信: 2005.05.17 13:53

« クマゼミ前線 | トップページ | 水上運動会で水中玉入れ »