« 南東海岸は絶壁 | トップページ | 島民の足 島の生命線 »

南東海上より島を望む

南東海上より島を望む
船上からの眺め第3段は,島の全景です。正面に南東岸の絶壁が見えています。左手の鞍部はグルクの崎。右手の方は,島の北側の部分(西森)で距離があるため霞んでいます。こうしてみると,平坦な台地状の島に見えますが,東西方向から見ると全然印象がちがってくるのがおもしろいと思います。この写真を撮影したあたりでは,トビウオの滑空が見られました。6月にはトビイカも見られたのですが,どちらも撮影は難しそう。
2004/07/18 渡名喜島南東海上
      (久米商船フェリーなは船上より撮影)

|

« 南東海岸は絶壁 | トップページ | 島民の足 島の生命線 »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/1033952

この記事へのトラックバック一覧です: 南東海上より島を望む:

» 遙かに望む 渡名喜の島影 [SeaStar's Photolog]
今月初めの久米島滞在は,正味26時間ほど。実際に活動できたのは,着いた日の3時間程と,翌早朝の1時間,そして船が出るまでの4時間程で,計8時間。それで,あれも [続きを読む]

受信: 2006.11.24 13:11

» 彼方に望む 渡名喜の島影 [SeaStar's Photolog]
梅雨明けしてからの県内地方は,夏の高気圧(いわゆる太平洋高気圧ですね)に覆われて,爽やかな晴天が続いています。気温は高く陽射しも強烈ですが,夏至南風(かーちー [続きを読む]

受信: 2007.07.04 03:39

« 南東海岸は絶壁 | トップページ | 島民の足 島の生命線 »