« 岩場にハマゴウ | トップページ | 南東海岸は絶壁 »

渡名喜砥石

ひん岩の岩脈 「地学教育研究会誌第4号」(1980)によると,『「渡名喜砥石」として利用されていた』ひん岩の岩脈があるそうです。ところが,この露頭,岬を3つも回らないと辿り着けません。行ってみたいけれども,難しそうです。で,船上からの撮影を試みました。中央の薄茶の部分がこの岩脈。左右の灰色はドロマイト。岩脈の左側の茶色の部分はホルンフェルスになっています。島には,今でも砥石として使われているものがあるそうです。
2004/07/18 渡名喜島南岸トゥエーヌシャ
      (久米商船フェリーなは船上より撮影)

|

« 岩場にハマゴウ | トップページ | 南東海岸は絶壁 »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/1019378

この記事へのトラックバック一覧です: 渡名喜砥石:

» 光の加減 [SeaStar's Photolog]
野外で撮影しているときに,難しいのが光の加減。シャッターチャンス!と思っても,逆光では被写体がハッキリとしませんし。 この崖も,そんな場所。前から岩脈が貫入し [続きを読む]

受信: 2005.09.21 14:21

« 岩場にハマゴウ | トップページ | 南東海岸は絶壁 »