« タイワンツチイナゴ | トップページ | シド崎の接触交代鉱床 »

渡名喜島のめがね岩

渡名喜島のめがね岩
大きな石灰岩の崖が海に突き出したところ,それがフギミと呼ばれている所のようです。この石灰岩,沖縄本島南部で見られる琉球石灰岩とちがって,結晶質の,いわば大理石。とても緻密で硬い岩の壁です。それが,岬の突端で,ノッチが穿たれ,さらにトンネルが2つも開いて,『めがね岩』になったのですね。実は,想像よりも丸くなくて,最初の感想は,「鼻の穴だなぁ」といったものでした。
ところで,翻訳サイトで検索して知ったのですが,太鼓橋(めがね橋)のことを"humpbacked bridge"と呼ぶんですね。そこで,このめがね岩を(勝手に),"twin humpbacked rock"と命名しました。どうでしょうか。
2004/06/06 渡名喜村東海岸フギミ

|

« タイワンツチイナゴ | トップページ | シド崎の接触交代鉱床 »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/768355

この記事へのトラックバック一覧です: 渡名喜島のめがね岩:

» 渡名喜島ジオツアー [気儘に浦添]
ということで,行ってきましたジオツアー。 今回のツアーは,名桜大学の公開講座によ [続きを読む]

受信: 2010.07.26 13:43

« タイワンツチイナゴ | トップページ | シド崎の接触交代鉱床 »