« ニセノミギセル | トップページ | アサガオガイ »

ヲモの崎の暗色帯

ヲモの崎
東の浜から南を望むと「ヲモの崎」が見えます。このヲモの崎には,気になる暗色帯があります。始めて見たときは雲の影が落ちているのかと思ったのですが,いつまで経っても動かないし,次の機会に見ても同じように見られます。それで,これは,何か地質的なものだろうと思い至ったのです。渡名喜島の地質については,沖縄県の「地学教育研究会誌第4号」(1980)に紹介があります。けれども,ヲモの崎には行かなかったようで,全く記述がないのです。わたしが見たところ,石灰岩に挟まれたドロマイトだと思うのですが,確証がありません。貫入してきた岩脈でしょうか。大潮のときに,塩酸もって出かけてみます。
2004/05/08 渡名喜村屏風岩付近からヲモの崎を望む

|

« ニセノミギセル | トップページ | アサガオガイ »

12_岩石・地形,気象そのほか地学」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/588937

この記事へのトラックバック一覧です: ヲモの崎の暗色帯:

« ニセノミギセル | トップページ | アサガオガイ »