« アマサギの群れ | トップページ | ニセノミギセル »

村花カワラナデシコ

カワラナデシコ
4月中旬から咲いているというので,花の時期が終わってしまわないかと気になっていたのです。幸い海岸沿いに たくさん咲いているのが見られました。想像以上に大きな花。そして,色が薄い,というか,白いのが印象的でした。集落に戻ってみると,人の手によって植えられたものがあちこちに咲いているのに気付きました。その中にはちょっとピンクがかったものもあったのですが,日が傾いてきて写真はお預けとなりました。
さて,このカワラナデシコ,渡名喜島と久米島にしか自生しないと聞いたのですが,ネットで検索してみると,本州からの日本各地に普通に分布しているようです。果たして,村花に選ばれた理由は?
2004/05/08 渡名喜村アンジェーラ浜

|

« アマサギの群れ | トップページ | ニセノミギセル »

07_植物」カテゴリの記事

41_渡名喜の自然誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2703/575919

この記事へのトラックバック一覧です: 村花カワラナデシコ:

» 踏みつけられても,また立ち上がる [SeaStar's Photolog]
渡名喜島の集落は,フクギの屋敷林と白砂の道が印象的です。その道は,もちろん人や車が通るし,村人が丁寧に手入れしているため,白い砂の道として保たれているのですが [続きを読む]

受信: 2006.02.19 21:05

» 逃走者だと思ったら [SeaStar's Photolog]
久しぶりにやってきた外房の海。夏となると学生の時分以来かもしれません。強い陽射しを受けてコントラストの強い風景を期待していたのですが,,,この日は朝から濃霧注意 [続きを読む]

受信: 2015.08.12 19:06

« アマサギの群れ | トップページ | ニセノミギセル »