今度は 表も

クロマダラソテツシジミ,翅を開いて

何気なく立ち寄った,国道脇の海岸。手付かずの自然ということはないけれど,それなりにいろいろな生き物たちが活動していて,撮影意欲が高まります。

崖下のセンダングサなどの群落を飛び回っていたのは,クロマダラソテツシジミ。崖の上の方にはソテツの群落がありましたから,珍しいということもないのですが,この時は翅を開いて,表側を見せてくれました。

シジミチョウの仲間は翅を立てて閉じていることが多いのですが,どんな時に開くのでしょう。日向ぼっこかな,それとも縄張りの主張?
わからないことはたくさんあります。

こちらは,同じ個体の翅を閉じているとき。裏側の斑紋もキレイに撮れました。

クロマダラソテツシジミ,翅を閉じて

2019/08/18 大宜味村宮城

| | コメント (0)

吸水タイム

先日,久しぶりに通ったときに,そういえばこの辺りは降りたことないなぁ,などと思いまして,今回,主目的を終えた帰りに寄り道してみました。国道から見える海岸に黒い露頭,名護市の東海岸でもよく見られる千枚岩です。非石灰岩岩礁のアマオブネ類でも観察できればと,岩の割れ目や淡水の染み出しなどをチェックしてみたのです。

セイヨウミツバチ,岩礁で吸水

午後4時を過ぎて,陽も傾いてきた時間ですが,昼頃に大雨があったためか,とにかく蒸し暑い。汗を拭き拭き観察していると,どこからかミツバチ(セイヨウミツバチか?)が飛んできて岩に降り,盛んに水を舐めています。巣に持ち帰って冷やすのに使うんだろうかなどと考えて,慌てて撮った一枚です。フラッシュを焚いたので,あちこち白飛びしていますが,周りの様子もわかるかな,と思います。次に来た個体は発光禁止にして撮ったのですが,夜間撮影のようになってしまいました。

セイヨウミツバチ,岩礁で吸水

2019/08/18 大宜味村宮城

| | コメント (0)

この場所ならば 目立たない

アカマツムシモドキ

今回は生き物撮影はしないでおこうと思ってやって来たヤンバルの地。主目的は展示会めぐりですから,汗だくになるのは避けたかったのです。

とはいえ,せっかく来たのだから,どうしても寄っておきたいところもあります。その1つがここ。とあるカタツムリの群棲地だったのです。で,ひとしきり探したり死殻を拾ったりして,ひと休み。展望台の方へとやって来ました。でも素直には景色を見に行かない(高いところが苦手ということも大きいのですが)。辺りの藪で何かいないか被写体探しです。

すると,足元から何かが飛び出して地面に降りました。そ~っと手を伸ばして撮影した一枚です。

この虫は,アカマツムシモドキ。図鑑には「樹上性」と書かれていますが,この時はずいぶん下の方にいたようです。この体色で葉の上にいたら,かなり目立ってしまうのではないか?とも思われます。かえって,この一枚のように土の上にいた方が目立たないんじゃないか,と思うのですが。

2019/08/12 大宜味村茅打バンタ展望台

| | コメント (0)

コブかと思えば 毛の束だった

ハスオビコブゾウムシ

被写体を求めてウロウロ。頭上の木の葉や足元の落ち葉などに,何かいないかとキョロキョロしながら歩き回ります。で,気をつけてみたのが,遊歩道沿いの手すり。この場所では金属製なのですが,陸産貝類や小型の昆虫など,いろいろなものが見られます。

この虫もその1つ。一見してゾウムシの仲間だろうと,そこまではわかるのですが,そこからは難しい。後日,ネットで絵合わせしてこれだろうと見当をつけました。ずんぐりした体型と背中(鞘翅の背面)に並んだコブが特徴的です。どうやら,ハスオビコブゾウムシ,のようです。

フヨウの類を食害するとありますので,この周囲にたくさん生えているオオハマボウからやって来たのかもしれません。ハイビスカスにもつくそうですから,県内では普通に見られる種類なのかもしれません。

…で,もう一枚撮影しようとしたところ,ポトリと落ちてフレームアウト。自然状態で撮影できたのはこの一枚になってしまいました。

ハスオビコブゾウムシ,背面のコブを拡大

室内に持ち込んで,じっくり観察&拡大撮影。すると,コブとして見えていた部分が毛の束になっていることがわかりました。というか,細かい白斑に見えているのも,全て短い毛のようです。小さな虫もよく観察すると,意外な姿を見せてくれます。

2019/08/11 南風原町

| | コメント (0)

10年かけて,ここまで来た

ヨナグニアカアシカタゾウムシ

とある集まりで,またまた南風原にやって来ました。昼食を手早く済ませて,裏山に。斜面沿いに戦跡があって,そこが観察に手頃な二次林になっています。時間もないので,手近なところで木の葉の食痕を探したり,足元には何か落ちていないかとキョロキョロしたり,被写体を探します。そうして見つけたのがこの虫,一見してゾウムシの仲間とわかります。 

でも,種類まではわからない。帰宅してから図鑑やネットで絵合わせしながら,どうやら,ヨナグニアカアシカタゾウムシらしいとわかります。与那国島固有種ですが,2009年に沖縄本島でも発見の報告があって,各地に分布を広げているんだとか。カタゾウムシの仲間ですから,鞘翅を開くことはできず,つまり飛べない。こんな小さな虫がどうやって拡散していくのだろうと思いますが,何しろ小さい(体長1㎝未満)ので,きっと公園などの植栽によって人の手で広がっているんでしょう。 

県内とはいえ,やっぱり人為的移入種。島固有の生き物は,その地に行って観察したいものです。 


ヨナグニアカアシカタゾウムシ

こちらの右側面観は翌日に同じ場所で撮影したもの。光が良く当たって,色彩がよくわかるようになりました。

2019/08/10 南風原町

| | コメント (0)

この形にだって 意味があるんだろうけど

それがさっぱりわからない,という事もあるのです。

アシビロヘリカメムシ

この虫を見たときに,最初に考えたのが,この大きな脛節は何のため?という疑問。ありがちなのがメスへのアピールという性的二型。でも,このニガウリ畑で見られた個体は,全て同じ形。図鑑にも雌雄の区別が載っていません。撮影しているうちに,飛び立った個体もあったのですが,姿勢はほぼこのまま,後脚は大きく広げて飛んでいきました。その姿を見ると,尾翼の役目か?とも思いますが,飛行機の力学には疎いので,そこはなんともわかりません。

でも,きっと何らかの適応的意義があるのでしょうね。

この虫は,アシビロヘリカメムシ。ニガウリの果実に集まって,盛んに吸汁していました。黒にオレンジの配色はなかなかカッコイイとも思うのですが,虫が苦手な人には毒々しく見えるかもしれませんね。

2019/07/23 那覇市

| | コメント (0)

外階段に 落ちていた

オキナワヒラタクワガタ

施設の造りの関係で,一部外階段を通るのですが,この日の朝,意外なもの(もの,はイカンかな)が落ちていました。

何と,クワガタムシです。慌ててカメラを取りに行って撮影した一枚です。あまりに動揺していたし,飛んで行ってしまっては大変と数枚撮っただけ。深度合成するのも忘れて,一部にしかピントが合っていませんが,まぁ,記念撮影です。

この虫は,オキナワヒラタクワガタ。わたしにとってクワガタムシは山の虫,というイメージですが,この種は,沖縄本島中南部で最も普通に見られる種類といえるようです。とはいえ,そのありがたみが減る事はなくて,大切に保護して,周りの人にも見てもらいました。

2019/05/29 那覇市

| | コメント (0)

オレンジ色が決め手でした

アカアシナガキマワリ

夜,建物の外に出てみると,見慣れぬ昆虫の姿。2㎝以上もあるので,大型,とも言えるサイズ感です。姿形や,鞘翅の点刻からキマワリの仲間だろうと考えたのですが,そこまで。室内に戻って図鑑を開いても,それらしい種類が載っていません。オレンジ色の腿節が特徴的なので,すぐにわかるだろうと思ったのです。そこで,種名は不明のままツイッターに投稿したところ,フォロワーのみなさまからいろいろご教示いただきました。

この虫は,アカアシナガキマワリ。2017年に那覇市で初確認された移入種だそうです。2年でここまで広がってきているのか,と感心しました。

アカアシナガキマワリ,左側面観

こちらは左側面観。胸部の盛り上がりや鞘翅の点刻がよくわかります。

アカアシナガキマワリ,背面

一方,こちらは背面から。それなりにかっこいい虫だと思うのですが,移入種というところがビミョーです。

2019/05/18 那覇市

| | コメント (0)

しきりに こちらを 気にしてる

サキシマキノボリトカゲ

お目当てにしてやって来たサガリバナ群生地を離れて,川沿いをウロウロ。「川」というよりも,土地改良で整備された放水路,しかも水が流れず淀んで溜まって池のようになってしまった,さらに不法投棄の粗大ゴミも一杯,といった有様なのですが,島にとって貴重な水辺環境なのは間違いありません。

そんな藪の中で,なにやら動くものを発見。今回はかなり近づくことができました。サキシマキノボリトカゲ,です。

枝葉の陰から望遠で捉えた一枚です。デジカメ内蔵の非力なフラッシュでも明るく撮影できました。

サキシマキノボリトカゲ

一方,やや引いて撮ったのがこちらの一枚。鼻先から尾まで全てを収めようとすると,こんなサイズになってしまいます。樹上生活への対応なのか,尾がとても長くなっていますね。

2019/04/29 宮古島市

| | コメント (0)

その白さが 際立っている

諸般の事情で宮古島にやってくるのは大型連休中,ということが続いています。今年は,例年よりちょっと早め,4月のうちに島に渡りました。何といっても10連休,ですからね。

タイワンクロボシシジミ

今回のお目当ての1つが,先日の講演会で聞いてきた添道にあるサガリバナ群生地。人の手で植栽,整備されているということですが,「川」がある,というのです。宮古島は琉球石灰岩に覆われていて,地表の水系は未発達。旧下地町の崎田川ぐらいだろうと考えていたのですが,盲点でした。地図などを見ても土地改良区の沈砂池だろうと考えていたのです。

で,その周辺をウロウロ。いろんな出会いがありましたが,まず見つけたのがこのチョウ,というわけです。

このチョウは,タイワンクロボシシジミ。以前にも,2007年5月2017年5月に撮影していました。
今回は,翅に正面から光が当たって,その白さや斑紋のようすがよくわかる一枚になりました。触角も,脚も,腹端も白黒の斑なんですね。

2019/04/29 宮古島市

 

| | コメント (0)

«雨にもめげず